旅客機のシルエット

格安の航空券を予約するときの注意点

格安な航空券の代表格といえばLCCになりますが、知らなかったことによって別料金を取られることも多く、それが不満に繋がることもあります。利用者の不満としてあげられることが多いのがLCCですが、フルサービスキャリアにも知っておかないといけないこともありますので、格安な航空券を求めるときの注意点について理解しておきましょう。

予定のキャンセルは大きな損失となる

LCCそしてフルサービスキャリアどちらにも共通していることになりますが、事前購入で予約をしていたチケットを予定のキャンセルで取り消しにするようなことになれば、大きな損失を受けることになります。
きまってキャンセル料金が高いのが、事前購入型のチケットです。
購入価格の40~50%ほど取られることもありますので注意してください。
普通運賃で予約をしておいた方が良かったと感じるようなレベルですので、十分認識しておきましょう。

こんなシチュエーションのときに向かない格安航空チケット

キャンセル料が高くなることから、このようなシチュエーションには向かなくなります。
たとえば家族旅行。ひとり抜けるようなことになれば、その旅行自体キャンセルせざるを得なくなります。
そうなるとチケットのキャンセル料も大きくなるでしょう。
向いているシチュエーションと、そこまで大きな損失にならないシチュエーションがありますので、キャンセルのことも考えてチケットの入手をしてください。
この様に、格安航空券を使う時は特徴を掴んで利用する事が何より大事になります。

疑問点はすべて自分で解決する姿勢を持つこと

資料を読む人
特に初めて利用するLCCは複雑に感じるでしょう。
しかしそんなとき、利用しようとする航空会社に尋ねるようなことになれば、別料金が発生することも。
電話で問い合わせてチケットを購入すれば、それだけで別料金は発生します。
わからないことはすべて自分で解決する心構えを持つようにしてください。

国内であれば機内サービスを求めない準備を整えよう

海外であればおなかがすいたり喉が渇くことになり、LCCを使っていればお金を出して求めないといけません。
しかし国内の飛行機であえば最大でも数時間のフライトになりますので、我慢できるはず。
事前に準備を整えて、余計なお金が発生しないようにすることも必要な心構えです。

注意することでもっと利便性を高めることができる

安くなる理由として、航空会社の言い分があります。それが注意点になりますので、そこだけ認識していればもっと利便性を高めた航空チケットに変身するはずです。

△PAGE TOP