旅客機のシルエット

最安値の格安な航空券の求め方

安く飛行機に乗れる手段になるのが、格安の航空券になりますが、面倒なことも多いと認識している人も多いでしょう。ニュースなどでは安さを強調するけれど、不便であることも伝えられています。だからこそ正しいことを知り、そして最安値を求める姿勢を持つようにしましょう。

最安値はよほどの運が必要

海外では驚くような値段で提供されておることもありますが、国内でも同じことが言えます。
ただしあくまでもその航空会社が提示している最安値ということになり、それがそのまま利用者が購入できる航空チケットになるわけではありません。この点は勘違いしないようにしましょう。
航空会社が提示している最安値のチケットで購入できるのは運も必要です。空席が目立っているなどの条件が整わないと購入することはできません。
あくまでも「ここまで最安値にすることができる」といったような宣伝になりますので、その値段で飛行機に乗れるわけではないことを知っておきましょう。

最安値を求めるときの姿勢

オレンジ色のホテル
工夫が必要です。最安値までにいかないけれど、その時点で最安値のチケットを求めることは可能です。
路線を入力するだけで、現時点で最安値になる航空会社が瞬時にわかるシステムもネットでは提供していますので、そこを利用すると良いでしょう。
また宿泊との組み合わせも検討しましょう。
ホテルと航空券を組み合わせることによって、別々に購入をするよりも安くなることが多いです。
国内であれば、そのようなプランも豊富に用意されていますので、利用してください。

それほど不便になるわけではない

確かに機内が狭い、サービスに不備がある、荷物における超過料金が怖い、キャンセルする事になった際の反動が大きい、等不便な点もあります。
ただそれらを知っていればほとんど問題になることはありません。特に利用者側がトラブルになるのはLCCになりますので、利用しようとする航空会社の特徴をよく掴んでおけば、トラブルも起きなくなるでしょう。

不便と感じる代表格

ただし利用者側がどうすることもできない不便な状況下に置かれることもあります。
ソラシドエアにしてみれば欠航や遅延が多く、代替便がない場合は空港で足止めされることも。
LCCの弱点になりますので、ここは理解しておきましょう。

慣れてしまえば使いやすい格安の航空券

特に問題を引き起こすのはLCCであることが多く、それを回避するにはやはり利用する航空会社のことを知ることです。そうすることによって最安値のチケットにも近づくことになるでしょう。

△PAGE TOP